HOME>ホットトピックス>年齢や性別によっても適した保険が変わります

がんで死なないために

保険プラン

今や国民病と言われるがんですが、治療の技術は日進月歩を続けています。五年生存率は六割を超えていて、早期の発見と治療で治る時代がやって来ています。しかし、避けられないのが経済的な負担ではないでしょうか。入院や手術には多額の費用が必要で、通院の際のタクシー代も無視することは出来ません。様々な種類があるがん保険ですが、近年のおすすめは通院給付が手厚いがん保険です。外来で願の治療を行うケースが増えていて、各保険会社が知恵を絞って商品を開発しています。ライフスタイルに合わせて加入することが出来ます。

定期的な見直しが必要

自らが加入するがん保険に迷ったなら、ファイナンシャルプランナーに相談してみて下さい。一口にがん保険と言っても、死亡給付や入院給付金の金額は微妙に違っています。白血病や悪性リンパ腫等の血液疾患は、長期の入院生活が想定されます。また、早期のがんであれば入院が一週間程度で済むことがあります。入院初日が給付金が出ることで、少しでも経済的な負担は減るはずです。まずはパンフレットを取り寄せてみて、自分なりの勉強をするようにして下さい。二十歳になったのを機に加入する方は多いですし、自分の身は自分で守ることをおすすめします。

広告募集中