HOME>注目記事>損金タイプを理解して準備をしてしっかりと活用しよう

効果的な活用方法とは

説明を聞く親子

逓増定期保険は、法人税を節税するのに効果的です。なぜ節税に効果的かというと、保険料の1/2を損金に算入することができるからです。それによって売上から経費を引いた利益が少なくなり、税負担を軽くすることができます。しかし逓増定期保険の活用法はそれだけでなく、さまざまな特徴があるのでそれを押さえることによって自分の会社に合ったメリットを受けることが可能です。短期間で会社に必要な資金を積み立てたり、事業継承の準備ができたり、さまざまな活用法があります。また会社の資金繰りが悪化し、経営危機になった時に緊急資金や赤字の穴埋めをすることができます。ほかにも事業拡大をしたいと考えている時に面倒な診査をしなくても融資を受けられる可能性があります。

目的に応じて損金タイプを選ぼう

電卓とお金

逓増定期保険で節税したいと考え準備したいのであれば、選び方のポイントを知ることから始めるのがおすすめです。まず逓増定期保険は、1/2損金タイプと1/3損金タイプ、全額損金タイプの3種類があります。このようにさまざまな種類があると、どれを選べば良いのか困ってしまうのではないでしょうか。損金タイプは利用する目的に応じて選ぶのがポイントになります。ただし全額損金タイプは35歳までしか加入できないので注意が必要です。

どんな損金タイプがあるか

電卓とお金

退職金などで5~10年の資金準備が必要であれば、1/2損金タイプを選ぶのがおすすめです。1/2損金タイプは加入年齢不問なので誰でも利用することができます。資金繰りや退職金準備、運用をしたいのであれば、1/3損金タイプが最適です。1/3損金タイプは40~50代の人が加入することができます。4~5年後の資金準備を用意したいのであれば、全額損金タイプがおすすめです。このように目的に合わせて逓増定期保険の損金タイプを選んでから準備を行うことが節税につながります。

広告募集中